「節分」カテゴリーアーカイブ

死刑執行、誰も知らない「恵方巻の起源」のミステリー 今年の恵方は南南東

1 :納豆スパ ★ :2018/02/03(土) 19:02:06.69 ID:CAP_USER9

つづき>>1

●明治時代の遊び「夜の節分」とは?

 一方で、明治44(1911)年に心斎橋の出版社・名倉昭文館より上梓された『お座敷仁輪加』という本に、「夜の節分」と題した次のような遊びが書かれている。

 着流し姿で尻を端折り、布団を巻物状に丸めたものを肩に担ぎながら次のような仁輪加を歌う。

鶴は千年 亀は万年 東方朔は八十年
三浦の大助百六つ 如何なる悪魔が来たるとも
この俵藤太がひっつかみ 西の海へとさらり

 ここで「へい」と合いの手が入り、布団をサッと広げて「夜具(厄)を拂いましょう」というオチである。これがどこまで流行したかはわからないが、なかなかシャレている。

 実際、商都・大阪の中核である船場の商人たちは、節分においてさまざまなかたちで験担ぎをした。たとえば、節分といえば「鬼は外、福は内」の声と共に豆をまく。しかし、船場の一部の商家では「鬼も内」と言ったらしい。「鬼(おに)」は「大荷(おおに)」に通じるということでこのように言われたと、明治期の記録に残っている。

 また、大阪ではかつて節分の折にうなぎを食べる風習があったらしい。これは、我が身の長命や商売が長く続くことを祈ったもので、次第に「長いものであれば何でも良い」ということになり、同じ「う」の付く食べ物ということで、うどんを食べるようになったという。

 巻寿司の丸かぶりもこのあたりからの発想なのではと思うが、残念ながら、これもまた明確な根拠となり得る史料が存在するわけではなく、想像の域を出ない。つまるところ、恵方巻の起源については、大阪歴史博物館がそうしているように「定かではない」とするのがもっとも誠実な回答といえるのではないだろうか。
(文=井戸恵午/ライター)

誰も知らない「恵方巻の起源」のミステリー

恵方巻(「Wikipedia」より/Opponent)
http://biz-journal.jp/images/post_22201_1.jpg
ビジネスジャーナル 文=井戸恵午/ライター 2018.02.02
http://biz-journal.jp/2018/02/post_22201.html

 今でこそ、節分の風習として知られるようになった「恵方巻」。しかし、発祥の地とされる大阪において一般化したのは昭和40年代末頃のことであり、全国的に普及したのは早くても昭和から平成に移り変わる頃のことである。

 そして、恵方巻は大阪における節分の風習としても、決してメジャーなものではなかった。管見の限りではあるが、明治・大正期における新聞や地方の風俗を伝える書物の中に、その名や類似する風習を見いだすことはできなかった。

 一方で、大阪歴史博物館が収蔵する「柴垣コレクション」の中に、昭和15(1940)年に大阪市内に存在した寿司店「美登利」が配布した、恵方巻に関する引札(チラシ)が残っている。そこには「巳の日に巳寿司と云ふてお寿司を食べるやうに毎年節分の日にその年の恵方に向つて巻寿司の丸かぶりすると大変幸運に恵まれるといふ習しが昔から行事の一つとなってゐて年々盛になつてゐます」とある。

 また、同館には昭和7(1932)年に大阪鮓商組合によって作成された同様のチラシも残っているとのことで、これらは現存する恵方巻に関する史料としては最古のもののひとつといえるだろう。

「美登利」の引札は大阪鮓商組合後援会が印刷したものであり、この巻寿司の丸かぶりは一種の販促手段として行われたことがうかがえる。また、その営みは戦後に大阪海苔問屋協同組合や関西の企業人で組織された「大阪昭和会」によって引き継がれ、前述のように全国化するに至ったのである。

 なかには、「土用丑の日」のうなぎに対抗して戦前に行われた恵方巻の風習を復活させたという言説もある。いずれにせよ、海苔や寿司の販促手段として戦前期から盛んに喧伝され定着していった、比較的新しい風習であるといえるだろう。

●「恵方巻の起源はお大尽遊び」は本当か?

 一方では、恵方巻という風習の起源について、いまだ決定的な見解は見いだされておらず、諸説が存在する。そのなかで興味深いのは、「花柳界において、お大尽遊びのひとつとして行われた」とする説である。

 近年、インターネット上でこの説を見かけることが非常に多い。これらの言説は主として、前述の昭和7年に発行された大阪鮓商組合のチラシの口上の中に「この流行は古くから花柳界にもて囃されてゐました」とあること、また沓沢博行「現代人における年中行事と見出される意味—恵方巻を事例として—」(『比較民俗研究』23 2009)の中で、藤森秀夫大阪海苔問屋協同組合事務局長(当時)からの聞き取りとして「船場の旦那衆が節分の日に、遊女に巻きずしを丸かぶりさせて、お大尽遊びをさせていたことに端を発するという説」と書かれていることを根拠とする。

 ただ、前者については販促チラシの口上であり、これとは異なる由来を述べたものも別途存在することから、これのみを全面的に正しいとはできないだろう。また、後者に関しても、論文中で聞き取り調査の結果として記されている起源説はほかにもあることから、その聞き取り調査の対象である藤森氏からしてその説を絶対のものとしていないことが、当該論文を読めばわかる。

 恵方巻の風習そのものを快く思わない向きが、「お大尽遊び」について想像をたくましくしながら、その批判の正当性をこの説に求めるというのは、気持ちはわからないでもないが早計といわざるを得ない。なぜなら、ほかの説が存在していることはもちろん、花柳界におけるこの種の風習が行われたことを示す記録、いうなれば文献史料が見いだされていないからである。

関連
【企業】恵方巻の悪質なノルマ問題、背景にはコンビニのFC契約形態 契約打ち切り恐れ「本部に従順にならざるを得ない」
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517651485/
【節分】恵方巻の高額化が止まらない理由 1本1万5000円も
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517567812/
【社会】「夏の恵方巻き」 コンビニ各社が商戦に乗り出す、定着できるか?8月6日の「夏の節分」(立秋)に向け★2

つづく>>2-5
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500790230/

続きを読む 死刑執行、誰も知らない「恵方巻の起源」のミステリー 今年の恵方は南南東

日本、恵方巻き、店頭に並ぶ前に大量廃棄 販売ノルマ問題

1 :サーバル ★:2018/02/03(土) 21:29:34.47 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kW8agW5.png 恵方巻き、早くも大量廃棄 店頭に並ばないケースも…

 福を呼ぶとされる、節分の恵方巻き。火付け役となったコンビニエンスストアだけでなく、スーパーや百貨店にも並ぶなど、季節商品として定着している。だが、その陰では売れ残った商品の大量廃棄や、販売の「ノルマ」などの問題が起きている。

 500リットル入りの容器には恵方巻きやご飯、キュウリなどがギッシリ。破砕機に流れ落ち、のみ込まれる。

 3日午後、神奈川県相模原市の「日本フードエコロジーセンター」には恵方巻きや、そのためとみられる具材が大量に運び込まれていた。普段のご飯ものと比べて2倍ほどの量。例年、節分の頃には恵方巻き関連の食材が増えるという。ここで処理され、豚の飼料となる。

食品工場から持ち込まれた、恵方巻き用とみられる食材。500リットルの容器に10箱ほど並んでいた=3日午後4時、神奈川県相模原市の日本フードエコロジーセンター、仲村和代撮影

 高橋巧一社長によると、こうした廃棄食品は店頭に並ぶことすらなく、食品工場から直送されていることが多い。コンビニなどは販売傾向などを考慮して発注しているが、「不足しないよう、工場側は多めに作る必要があり、大量に余ってしまうようだ」という。
https://www.asahi.com/amp/articles/ASL214VDCL21UTIL01L.html?__twitter_impression=true

続きを読む 日本、恵方巻き、店頭に並ぶ前に大量廃棄 販売ノルマ問題

恵方巻の高額化が止まらない理由 1本1万5000円も、京の花街

1 :ばーど ★:2018/02/02(金) 19:36:52.57 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/2o2k4ht.png 1本1万5000円。金箔のりに巻かれるのは本マグロの中トロやズワイガニなどの高級食材18種。そして上に置かれたキャビア……。

 これは、大丸東京店で販売される豪華食材恵方巻「〈中島水産〉2018年18種の十八番(おはこ)巻」だ。限定10本で2月3日のみ販売する。2017年に同店で販売した最高額の商品が1万800円(税込、以下同)だったので、約4000円も更新したことになる。そのほかにも、1本5000円のアワビふかひれ恵方巻(限定10本)、1本5616円の米沢牛恵方巻(限定10本)といった高額商品がずらりと並ぶ。

大丸東京店で販売される最高額の恵方巻
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1802/02/kk_daimaru.jpg

 同店の担当者によると、こういった豪華・高級志向の恵方巻を販売し始めたのは14年頃。最も高額なものは1本8400円、そのほか約100種類を販売していた。14年から17年にかけて恵方巻の売り上げは2.5倍に増加。今年は150種類まで増えたという。高額品だけでなく、1000〜2000円台の中価格帯も幅広く販売している。「2017年に販売したものはほとんど売り切れた。今年は品ぞろえと高額商品を増やしている」(同担当者)という。

 購入しているのは富裕層に限らない。「幅広い層に買われている。奮発して買おうというメリハリ消費」(同担当者)が特徴のようだ。

 伊勢丹新宿店でも金箔のりを使い、本マグロや蒸アワビなどの食材を使った1万800円の恵方巻きを限定10本で販売する。数年前から5000円から1万円の高額商品を扱うようになったという。

 このように、百貨店では恵方巻の高額化が進んでいる。

■スーパーでも高額商品が売れる

 「高額化」のキーワードが当てはまるのはスーパーでも同様だ。

 「イオン」「イオンスタイル」を運営するイオンリテールによると、恵方巻の売り上げは「右肩上がりで増えている。中心価格帯も上がっている」(広報担当者)。1000円台のお手頃価格のものから、有名鮨店が監修する3000円台の高価格帯まで、老若男女に幅広く売れている。ハレの日にちょっとぜいたくしたいというニーズがすっかり定着しているそうだ。

 同社によると、ここ数年で恵方巻の品目数を増やしているわけではないが、「1本丸ごと食べるには量が多い」という女性・高齢者や、「家族で少しずつ食べ比べたい」というファミリー層のニーズにこたえるため、ハーフサイズのラインアップを拡充している。

イオンで販売するハーフサイズの恵方巻
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1802/02/kk_aeon.jpg

 セブン‐イレブンも、“少量タイプの商品をいろいろな商品と組み合わせて買いたい”という「ビュッフェスタイル」のニーズが高まっているとして、ミニサイズのお手軽な商品から、いくらなどをつかった1480円の高価格帯をそろえる。

 節分に恵方巻を食べる風習はもともと関西発祥といわれているが、1990年代からスーパーやコンビニで扱われたのをきっかけに、全国的に普及した。季節商品としてすっかり定着した現在では、「具は7種類」「鬼の金棒に見立てる」といったしきたりにとらわれず、特別な日を楽しむための食品という位置付けになってきている。消費者の多様な好みを反映した結果、高価格帯のものが支持されるようになってきたのだろう。

2018年02月02日 17時40分
ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/02/news131.html

続きを読む 恵方巻の高額化が止まらない理由 1本1万5000円も、京の花街