「市長」タグアーカイブ

気仙沼に計画していた防潮堤建設を断念、反対根強く「防潮堤はいらないという地元の意見が大半」 市長「景観が守られた」、マジッ(っ’-‘)

1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/12/16(土) 15:57:48.09 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/0mYQTNx.png 宮城県は14日、気仙沼市港町に建設予定の海抜5.0メートル、長さ460メートルの防潮堤に関する住民説明会を
同市魚市場で開き、現地に防潮堤を造らない方針を明らかにした。地元の反対が根強く、当初の計画を事実上断念。
接続する予定だった防潮堤を山側に伸ばす代替案を示し、住民に了承された。

県の当初計画は数十年から百数十年に1度発生が予想される津波に対応できる見た目の高さ3.2メートルの防潮堤を、
臨港道路と岸壁の間に造る予定だった。

新計画は、接続を予定した魚市場前の防潮堤(海抜5.0メートル、長さ約1.3キロ)の先端を西部の山側まで伸ばし、
津波の流入を抑える。延伸距離は約180メートルを見込む。

車両が通行できる陸こう(防潮堤出入り口)を2カ所設け、閉鎖した陸こうを乗り越える道路も整備。
2020年度末までの完成を目指し、総事業費は約10億円。当初計画の約25億円は大きく下回る。

当初の建設予定地は漁船の出入りを間近に望める観光スポット。
地元の住民組織がアンケートを取った結果、景観への悪影響などを理由に反対が9割以上を占めた。

県は地元の反発が強いため、現状の計画では国の復興・創生期間が終わる2020年度までの整備が難しいと判断。代替案を検討してきた。
県は説明会で、社会情勢の変化や地元の要望があれば、当初計画を進めることもあり得るとした。

県農林水産部の梅本和彦次長は「防潮堤はいらないという地元の意見が大半だった。(変更案は)考えられる最善の策」と話した。
 県が2年8カ月ぶりに開いた説明会には漁業関係者や地元の事業者ら約30人が参加した。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171215_11017.html

計画されていた港町の防潮堤
http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/12/15/20171215kho000000003000c/002_size3.jpg
防潮堤建設の計画が見直された宮城県気仙沼市港町
http://storage.kahoku.co.jp/images/2017/12/15/20171215kho000000003000c/001_size4.jpg

続きを読む 気仙沼に計画していた防潮堤建設を断念、反対根強く「防潮堤はいらないという地元の意見が大半」 市長「景観が守られた」、マジッ(っ’-‘)

氷見・林市長「世界一のクリスマスツリーとして輝きを放ってくれたということはアスナロにとっては良かった」、偽物かな( ・_・)ノΞ

1 :ばーど ★:2017/12/05(火) 19:15:16.10 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hQTeoUr.png 氷見産のアスナロが神戸でクリスマスツリーになったイベントを批判する意見があることについて、氷見市の林市長は5日、色々な考え方があるとしたうえでアスナロにとっては良かったのではないかと述べました。

神戸メリケンパークで今月26日まで紹介されているクリスマスツリーは、氷見市一刎で育った高さおよそ30メートル、樹齢およそ150年のアスナロの木を運んで制作されました。

イベント後の木の活用を巡り、インターネット上などで「木がかわいそう」などと批判が出ています。

取り組みをサポートしている氷見市の林市長は、5日の定例記者会見で、色んな考え方があるとしたうえで次のように述べました。

林市長「木材が循環をして人間がまた木を植えるという循環の中で成り立つ木の行く末の一つ放っておけば人知れず材料として木材として使われた木が世界一のクリスマスツリーとして輝きを放ってくれたということはアスナロにとっても良いことだったのかなと思う」

氷見市はツリーが点灯される最終日の今月26日には「氷見の日」として、神戸の会場でブリのふるまいなどを行い来場者に氷見をPRする計画です。

配信2017/12/05 18:02
KNBニュース
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=16893

関連スレ
【神戸】世界一のクリスマスツリー 催事後伐採、一部は「生田神社鳥居に」 実行委「嫌なら見なければいい★6
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512315214/
【神戸】伐採するの?「世界一のクリスマスツリー」催し後の行方巡りネット騒然 氷見市のアスナロの木(30m)★3
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511486447/

続きを読む 氷見・林市長「世界一のクリスマスツリーとして輝きを放ってくれたということはアスナロにとっては良かった」、偽物かな( ・_・)ノΞ

日本相撲協会、姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5cxOL15.png
朝日社説姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない
(社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ
朝日新聞 2017年11月19日05時00分

太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。
サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

中略

歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。
島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、
戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。
「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、
安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。
強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。
http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber

続きを読む 日本相撲協会、姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない

慰安婦像で��不協和音�=Hサンフランシスコ市との姉妹都市提携、市長は「解消」 議会は「友好継続を」、ウキウキだ#!

1 :ばーど ★:2017/10/29(日) 14:58:03.37 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/oS0K35c.png 大阪市の姉妹都市、米サンフランシスコ市が検討している慰安婦像と碑の公共物化への対応をめぐり、吉村洋文市長と市議会に温度差が生じている。公共物化されれば姉妹都市提携は解消と明言する吉村市長を、市議会の山下昌彦議長は「市議会には市議会の議論がある」と牽制(けんせい)。吉村市長の就任以来、続いてきた市議会との協調路線に“黄信号”がともっている。

■「吉村市長は頑固」と市会議長

 「吉村市長は頑固なところがある。市議会には市議会の議論があり、サ市との友好関係をずっと続けていきたいと考えている」

 姉妹都市提携60周年を記念し、23日に大阪市内で開かれたサ市代表団の歓迎会で、大阪市議会の山下議長はこうあいさつし、吉村市長とは異なる市議会の立場を強調した。直前には吉村市長が姉妹都市の解消を念頭に慰安婦像と碑の公共物化への懸念を表明。山下議長は吉村市長と同じ大阪維新の会所属で、公の場で市長を牽制した発言は会場をざわつかせた。

■設置したのは中国系民間団体

 サ市の中華街にあるセント・メリーズ公園横の私有地に、中国系の民間団体が慰安婦を「性奴隷」と表記した碑文と慰安婦像を設置したのは今年9月。平成26年に設置の動きが表面化して以来、橋下徹前市長や吉村市長は「日系人や日本人も多く暮らす地域の人間関係を分断する」と、サ市側に慎重な対応を求めてきた。しかし、私有地は今月17日にサ市に寄贈された。慰安婦像と碑についてもサ市議会には11月7日(日本時間同8日)に寄贈受け入れの決議案を諮る動きがある。

■市議会は「国の外交問題」と解消に否定的

 吉村市長は像や碑がサ市の公共物となることを「日本人として受け入れられない」と姉妹都市を解消することも辞さない構えだが、市議会には「歴史認識は国が扱う外交問題だ」と反対意見が多い。大阪維新は市議会に、サ市に像と碑の公有地への設置の再検討を求める決議案を2度提出したが、自民党、公明党、共産党などが反対し、否決されている。

 大阪市によると、姉妹都市の解消には法律上、市議会の議決は不要。吉村市長は「政治的な批判も受ける覚悟で進めている」と不退転の決意だが、山下議長は市長権限による解消に否定的で、「市議会が姉妹都市の提携に賛意を示した経緯がある以上、一定の配慮をしてほしい」と話す。

 山下議長は「市長には市長の考えがある」と理解を示しつつも、「大阪市の総意は市長と市議会双方の意見を反映して決まるはず」と指摘。姉妹都市の解消で「長年にわたり友好関係を支え、慰安婦像と碑の設置に反対する人もいる日系人とのつながりまで弱くなるかもしれない。市議会としてサ市で話を聞くなどの機会を設けられるよう調整していきたい」と語った。

配信2017.10.29 08:15更新
産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/171029/wst1710290013-n1.html

関連スレ
【到底認められない】慰安婦像の寄贈受ければ姉妹都市解消…大阪市長★2
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508901904/

続きを読む 慰安婦像で��不協和音�=Hサンフランシスコ市との姉妹都市提携、市長は「解消」 議会は「友好継続を」、ウキウキだ#!