「批判」タグアーカイブ

NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判、労働時間

1 :ばーど ★:2018/02/19(月) 09:45:01.10 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/KjrNJbN.png 受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。立法と行政からは「業務・受信料・ガバナンス」の“三位一体改革”を求められる中、不祥事も相次ぐ。その状況下、肥大化への批判と前後し、NHKの会長や経営委員長がチャンネル数減を示唆し始めた。識者は事業規模・範囲の適正さについて国会などでの議論開始を訴えている。   (大塚創造)

最高裁判決後のNHKの不祥事
http://www.sankei.com/images/news/180218/ent1802180006-p1.jpg

 NHKは1月、平成30〜32年度の経営計画を発表。今月9日には30年度予算案が閣議決定されたが、30年度末で利益剰余金(内部留保)が767億円となる見込みであることなどを踏まえ、政府は受信料について「引き下げの可能性を含め検討を行うことを求める」との総務相意見を付けた。また、日本新聞協会メディア開発委員会も同日、「抜本的に業務範囲と受信料水準を見直す視点が欠けている。肥大化の懸念だけが強まる内容となった」と批判する見解を発表した。

 NHKでは今年12月、衛星で超高精細映像の4K・8K放送が始まり、チャンネル数はテレビとラジオを合わせて9つとなる。経営計画ではインターネットを活用した「“公共メディア”への進化」を掲げており、将来的にはテレビと同じ番組をネットで流す「常時同時配信」で受信料新設による新たな財源確保も狙う。

 受信料制度については昨年、最高裁の「合憲」判決で司法のお墨付きを得た一方、参院総務委員会の決議で「業務範囲の在り方については受信料制度及びガバナンスの在り方とともに丁寧に検討を進めること」と指摘されるなど、立法と行政からは三位一体改革を求められている。

 しかし、NHKは経営計画で一律の受信料値下げを見送り、「合憲」判決を追い風に受信料の徴収率アップによる増収を企図。肥大化への懸念に加え、全国瞬時警報システム(Jアラート)に絡む誤報を出すなど不祥事も相次いでおり、改革の実現からはほど遠い状況だ。

 こうした中、NHKからはチャンネル数減を示唆する発言が出始めた。上田良一会長は「(8Kの)普及に全力投球する一方、視聴者にとって何が有益かという視点に立ち検討を進めたい」と言及。さらに経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)も「BSが4つになり、状況を見て整理が必要だ」と発言。8Kの普及には時間がかかるとみられるが、チャンネル数減のタイミングについて「そう遠い将来ではない」とまで言い切る。

 立教大学名誉教授の服部孝章氏(メディア法)は、「チャンネル数を減らすことと受信料制度との関係も議論する必要がある。さらに、今後の事業規模・範囲の適正な在り方について議論をすぐに始めなければならない。国会でも議論すべきだし、NHKも自ら内部で議論し発信すべきだ」と強調している。

■4K・8K NHKが現在放送しているハイビジョンに比べ、画面の光の点(画素)の数が4Kで4倍、8Kでは16倍となり、高精細でより臨場感がある画質の映像を見ることができる。平成30年12月1日から始まる本放送は対応テレビを買っただけでは見られず、今後、メーカーから市販されるチューナーなどを追加する必要があり、普及が課題。NHKでは現在、BSでBS1とBSプレミアムを放送しており、4K・8K放送が始まればBSは計4チャンネルとなる。

2018.2.18 23:42
産経ニュース
http://www.sankei.com/entertainments/news/180218/ent1802180006-n1.html

続きを読む NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判、労働時間

安倍首相「裏付けを取らなかった、あきれた」首相が森友報道で批判も朝日新聞は釈明のみで謝罪せず、サラリーマン川柳

1 :復讐の鬼 ★:2018/02/15(木) 14:33:17.49 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WSUwqJO.png 朝日新聞は、やはり謝罪しなかった。
学校法人「森友学園」が「安倍晋三記念小学校」の設置趣意書を国に提出したという同紙の間違った報道について、
安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で「訂正もしていない」と重ねて批判した。だが、同紙は14日朝刊で予算委のやり取りを掲載しただけだった。

 安倍首相は13日の予算委で、小学校名が黒塗りの設置趣意書をめぐり、朝日新聞が「安倍晋三記念小学校」と報じた根拠について、
学園前理事長の籠池泰典被告への取材のみだったことを事実上認めた6日朝刊の検証記事に、次のようにかみついた。

 「(趣意書の原本を確認するという)記者として、最低限果たすべき裏付けを取らなかったことについては、まったく言及がない。これで私はあきれた」

 これに対し、朝日新聞は14日朝刊で、「首相、朝日新聞の経緯説明を批判」との見出しをつけて記事を掲載した。

 そのなかでは、同紙が6日の検証記事で《(大部分が黒塗りの)設置趣意書をもとに、籠池泰典・前理事長の証言を踏まえて報じた経緯を掲載》と紹介。
《開示された設置趣意書には小学校名が「開成小学校」とされており、朝日新聞はその事実も伝えた》と釈明するのみで、謝罪の言葉はなかった。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180215/soc1802150011-n1.html

関連スレ

【朝日新聞のフェイクニュース】安倍首相、朝日新聞の誤報列挙し批判「間違っていたと一度も書かない」「裏付けを取らない」
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1518666580/
【安倍首相】朝日新聞の「安倍晋三記念小学校」誤報に 「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳」と批判
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518322248/
【フェイクニュース】安倍首相「真っ赤なうそだった」森友学園報道で朝日新聞を国会で批判★5
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517321184

続きを読む 安倍首相「裏付けを取らなかった、あきれた」首相が森友報道で批判も朝日新聞は釈明のみで謝罪せず、サラリーマン川柳

三井住友銀行、報ステ・富川悠太の災害報道に批判収まらず「自衛隊を叩けばいいと思っている」「一度豪雪で雪かきしてみろ」

1 :(^ェ^) ★:2018/02/14(水) 18:08:19.70 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/zKbHCsA.png http://www.buzznews.jp/?p=2115093

テレビ朝日系「報道ステーション」が福井県における豪雪の際、自衛隊の除雪作業に対し否定的なコメントをしていたとして批判を浴びている件が収まっていません。

これは2月7日の放送で記録的な大雪に見舞われた福井県での自衛隊による除雪作業を「24時間でわずか1.5km」などと富川悠太キャスターが語っていたことに対し「除雪作業の大変さを理解していない」として非難が殺到しているもの。富川キャスターは問題の場面でこのように発言していました。

富川「各地から1,100人ほどの自衛隊の皆さんが除雪などのために駆けつけていまして、今映っているのが新潟から来た自衛隊の皆さんです。こちらの皆さんはですね、昨日の夜10時から除雪作業を続けていて、220台を救ったということなんです。ただ、24時間で除雪出来たのは、ま手作業がメインだったこともあって、わずか1.5kmほど、なんですね。」

富川キャスターに対しては当初から厳しい反応が相次いでいましたが、その後、自衛隊出身の佐藤正久外務副大臣が富川キャスターの言葉にFacebookで疑問を呈したことで、批判が加速し収まっていない形。

佐藤「【皆さん、どう思われますか?重機が入れるところは地元の建設業者等も行なっています。】現場がわかっていないような気がします。重機が入れない場所こそがポイントでは?」

テレビ朝日と報道ステーション、それに富川キャスターに対しては「自衛隊を叩けばいいと思っている」「一度豪雪で雪かきしてみろ」「現場を知らずに報道とは」といった意見が相次いでいます。

富川キャスターは2016年7月の参院選における報道の中で「憲法改正の発議前に国民の信を問うという形はないんでしょうか」と述べた際にも安倍首相から「発議した後国民投票をするんですから、その議論はちょっとおかしいんじゃないですか?」と指摘されていました(関連記事)。
http://www.buzznews.jp/wp-content/uploads/2018/02/180214-002.jpg

続きを読む 三井住友銀行、報ステ・富川悠太の災害報道に批判収まらず「自衛隊を叩けばいいと思っている」「一度豪雪で雪かきしてみろ」

小平奈緒、「日本の遅れ深刻」河野氏が異例の批判

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2018/01/15(月) 15:00:10.14 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lQLxOLK.png  【アブダビ=梁田真樹子】河野外相は14日午前(日本時間14日午後)、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで開かれた国際再生可能エネルギー機関総会の閣僚級会議で演説し、日本の再生可能エネルギー導入について「世界から大きく遅れており、深刻に懸念している」と述べた。

 日本の外相が国際会議で自国の政策を批判するのは異例だ。

 河野氏は演説で、日本の再生可能エネルギーの電源割合が世界平均に届いていない現状などを挙げ、「日本の失敗は世界の動きを正しく理解せず、短期的な対応を続けた結果」だと指摘した。

 河野氏は、脱原発と再生可能エネルギーの導入促進が持論だ。演説での発言は、再生可能エネルギーに関する国内の議論を喚起する狙いがあるとみられる。

2018年01月15日 10時39分
読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180114-OYT1T50109.html

続きを読む 小平奈緒、「日本の遅れ深刻」河野氏が異例の批判

当時朝ヾ(⌒▽⌒)ゞ、「戦後の韓国にとって日本が最大の手本だった」発言に多くの韓国人が批判→米NBCコメンテーター降板

1 :pathos ★:2018/02/14(水) 13:38:18.03 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kvAtXjz.png 米NBCは11日、平昌冬季五輪開会式で、戦後の韓国にとって日本が最大の「手本」だったと発言し、多くの韓国人に批判されたコメンテーターを降板させたと明らかにした。同日付の英字紙コリア・タイムズと韓国日報が伝えた。

ジョシュア・クーパー・ラモ氏は9日の五輪開会式で、日本の安倍晋三首相が観覧席にいるのに気づき、日本は「1910年から1945年にかけて韓国を占領し」たと述べた上で、「しかし、すべての韓国人は、自分たちの国が様変わりするにあたって、日本は文化的にも技術的にも経済的にも本当に大事なお手本だったと言うだろう」と発言した。

これに対して、多数の韓国人が強く反発。NBCに謝罪を求める請願には1万3000人の署名が集まった。

「ひどい、無知」

多くの韓国人はソーシャルメディア上のNBCの公式アカウントに、怒りの言葉を書き込んだ。

NBCのインスタグラム・アカウントに、「日本の植民地にされていた間の私たちの辛い歴史を、矮小化(わいしょうか)し、馬鹿にした。正式な謝罪をすべきだ」と書いた人もいた。

「私たちの祖父母は(日本に)殺され、若い女性は強制的に慰安婦にさせられた。NBCはそんなことを言うべきではない」と書く人もいた。

「あなたのコメントは無知で、ひどく私たちを傷つけた。五輪開催国について少しは勉強してみたらどうか」というコメントもあった。

ラモ氏は、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官が立ち上げた地政学コンサルティング会社キッシンジャー・アソシエーツの副会長で、アジアの政治経済について多くの文章を書いている。

米国で五輪を独占放送するNBCは批判を受けて、ラモ氏の発言を謝罪。さらに、匿名の広報担当が韓国日報に、ラモ氏は「開催国と世界のこの地域について視聴者に全体像を説明する」アジア専門家としてラモ氏を採用したものの、「(ラモ氏は)私たちと色々なことができるはずだったが、それはもう可能ではなくなった」と、降板させたことを明らかにした。

日本の統治下で、朝鮮人は戦闘の最前線に送り出されたほか、奴隷労働や強制売春を強いられた。日本政府は韓国併合についてこれまでたびたび謝罪しているが、強制売春をはじめとする日本統治下の過去は、多くの韓国人の逆鱗に触れる話題であり続けている。

(英語記事 Winter Olympics: NBC ditches analyst Joshua Cooper Ramo over Korea remark)
http://www.bbc.com/japanese/43041095

続きを読む 当時朝ヾ(⌒▽⌒)ゞ、「戦後の韓国にとって日本が最大の手本だった」発言に多くの韓国人が批判→米NBCコメンテーター降板